講義プログラムsyllabus_2014.html
受講システムsystem.html
横浜都市文化ラボとはabout_y-labo.html
お問い合わせ先contact-access.html
 

top > 講義プログラム > 「都市とポピュラー文化」2013年度集中

本講義では、横浜、東京、京都、あるいはロンドンやパリなどの都市における視覚文化や聴覚文化を手がかりに、都市文化の諸問題や可能性について考えることを目標とする。さまざまな専門の講師によるリレー講義で、マスメディア、マンガ、音風景、ポピュラー音楽など、幅広い問題を扱っていく。最終日にはリレー講義を踏まえた上で、学生たちに都市の問題や自分の作品についての口頭発表をおこなってもらう。

本講義は京都精華大学大学院の正規科目であり、京都精華の学生との交流会や作品講評会も予定されている。






9/3(月)13:00-18:00 担当:佐藤守弘(京都精華大学デザイン学部教授)


 第1講 総論:都市とポピュラー文化

 第2講 マスメディアにおける都市表象(1)

 第3講 マスメディアにおける都市表象(2)


9/4(火)13:00-18:00 担当:吉村和真 (京都精華大学マンガ学部准教授)


 第4講 マンガに描かれた都市(1)

 第5講 マンガに描かれた都市(2)

 第6講 ディスカッション(進行:佐藤)


9/5(水)13:00-18:00 担当:小松正史 (京都精華大学人文学部総合人文学科准教授)


 第7講 都市とサウンドスケープ(1)

 第8講 都市とサウンドスケープ(2)

 第9講 ディスカッション(進行:佐藤)


9/6(木)13:00-18:00 担当:佐藤守弘(京都精華大学デザイン学部教授)

                    島本浣 (京都精華大学芸術学部教授)     

                    室井尚 (横浜国立大学教育人間科学部教授)  

 京都精華大学学生による、作品プレゼンテーション


9/7(金)13:00-18:00 担当:安田昌弘 (京都精華大学人文学部総合人文学科准教授)


 第10講 ポピュラー音楽と都市空間(1)

 第11講 ポピュラー音楽と都市空間(2)

 第12講 ディスカッション(進行:佐藤)





コンベンションルームAP横浜駅西口

(神奈川県横浜市西区北幸2-6-1横浜APビル4F)

JR・市営地下鉄・東急東横線・相模鉄道「横浜駅」西口徒歩6分


















佐藤守弘(京都精華大学デザイン学部准教授)

芸術学・写真史・視覚文化論・近代文化史

近代日本の写真、広告など、さまざまな視覚的イメージに着目、社会の中でどのような機能を果たして来たか研究を行う。

WEBSITE: 洛中蒼猴軒

吉村和真  (京都精華大学マンガ学部准教授)

思想史・まんが研究

「マンガを読む」日常的行為はいかに成立し、その行為は思想や価値観、感性にいかなる影響を与えたのか。マンガを通じて研究。

WEBSITE: 京都精華大学国際マンガ研究センター研究員紹介

小松正史 (京都精華大学人文学部総合人文学科准教授)

サウンドスケープ論・音環境デザイン論

「サウンドスケープ」と呼ぶ、耳でとらえる風景。その「音風景」の調査研究だけでなく、「音環境」の創造も行う。

WEBSITE: Masafumi Komatsu Official Web Site

安田昌弘  (京都精華大学人文学部総合人文学科准教授)

ポピュラー音楽研究・文化社会学

ポピュラー音楽の作品自体の研究だけでなく、音楽の届き方/プレイ環境や作品の社会/時代背景を含め研究。

WEBSITE: DJmagimixslowdown

都市とポピュラー文化       

内容/スケジュール

開催場所

担当講師

9月2日-6日 13:00-18:00(予定)

島本浣  (京都精華大学芸術学部教授)

西洋美術史

47年生まれ。今はなき『新譜ジャーナル』というフォーク・ロック誌の編集に携わったあと、京都大学大学院文学研究科で美学美術史学を専攻。著書には『絵画の探偵術』(昭和堂、95年)、『美術カタログ論―記録・記憶・言説』(三元社、05年)などがある。

室井尚(横浜国立大学教育人間科学部教授)

情報文化論 美学 記号論

WEBSITE: Virtual Time Garden

横浜国立大学在学生へfor_student_of_YNU.html

終了いたしました。