受講システムsystem.html
横浜都市文化ラボとはabout_y-labo.html
お問い合わせ先contact-access.html
横浜国立大学在学生へfor_student_of_YNU.html
 
top > 講義プログラム > 「〈現代の音楽〉とテクノロジー」2012年度後期syllabus_2013.htmlshapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1

何人かのゲスト講師を招いてそれぞれの立場から20世紀以降の音響芸術について語ってもらう。それらを比較検討することで、専門分化しつつある音楽や音響芸術にまつわる言葉を改めて総合的にとらえかえそうとするのが本セミナーの目的である。 各講義では「現代音楽」や「サウンドアート」に分類される音響芸術を扱うことが多いが、音楽とテクノロジーとの関係に焦点をあてるものであればその限りではない。 様々な講師の視点を比較検討して総合することで、20世紀以降の音楽について総合的かつ包括的な視点(の可能性)を探ることがこのセミナーの目的である。

少人数でのセミナーを予定しており、毎回の授業への積極的な反応はもとより、

自主的な予習復習作業を要求する。最終的には講師と受講生による報告書の作成を予定している。




各セミナーでは音楽とテクノロジーとの関係に焦点をあてることとする。20世紀以降の音響芸術について総合的に考察しようとする本セミナーにとって、音楽とテクノロジーという問題はクリティカルなものだからだ。

例えば、19世紀末に音響記録複製テクノロジーの発明以降、「音楽」には、生で演奏される「音楽」と複製メディアに基づく「音楽」との二種類の「音楽」があるにもかかわらず、私たちは それらを厳密に区別することなしに同じ「音楽」という言葉で語ってしまうという問題がある、等々。問題設定はゲスト講師により様々だろう。現時点で、以下の六人のゲスト講師(足立智美、金子智太郎、川崎弘二、谷口文和、畠中実、三輪

眞弘)が決定している。残りの詳細とスケジュールは授業開始初日(10月9日)に知らせる。

10月  9日   授業開始

10月16日  ゲスト:足立智美(音楽家)

10月23日  ゲスト:谷口文和(研究者:音楽文化論研究者)

10月30日  中川克志

11月  6日  ゲスト: 金子智太郎(研究者:美学・聴覚文化論、現代音楽)

11月13日  中川克志

11月20日  ゲスト:畠中実(ICC学芸員)

11月27日  ゲスト:川崎弘二(電子音楽研究家)

12月  4日  ゲスト:三輪眞弘(作曲家、IAMAS教授)

12月11日  ゲスト:DJぷりぷり(浅草橋天才算数塾代表・イベントオーガナイザー)



コンベンションルームAP横浜駅西口 C教室

(神奈川県横浜市西区北幸2-6-1横浜APビル4F)

JR・市営地下鉄・東急東横線・相模鉄道「横浜」駅西口徒歩6分

中川克志(横浜国立大学教育人間科学部准教授)

音楽学(20世紀以降の現代音楽とサウンドアート)

音響文化論(サウンドスケープ論、ポピュラー音楽学、音響テクノロジー史)

WEBSITE: Audible Culture

<現代の音楽>とテクノロジー    火曜日 19:00-21:00

谷口文和亜細亜短期大学講師

音楽学

録音メディアは音楽との関係性をいかに変容させたのか?録音を介した音との経験に関心を寄せる。

WEBSITE: プロフィール

金子智太郎 (東京藝術大学助手)

美学、聴視覚文化

共著に『iPhone x Music:iPhoneが予言する「いつか音楽と呼ばれるもの」』(徳井直生、永野哲久と、翔泳社、2009年)。主なプロジェクトに「Audible Realities」(2008-)、「生成音楽ワークショップ」(城一裕と、2010-)、「Abstruct Workshop Archives」(2010-)など。

WEBSITE: Tomotaro Kaneko: Aural & Visual Culture

足立智美(音楽家)

ヴォイス、各種センサー、コンピュータ、自作楽器によるソロ演奏、音響詩、舞台音楽など幅広い領域で活動し、また

インスタレーション作家、映像作家としても活動、非音楽家との大規模なアンサンブルのプロジェクトも行う。

WEBSITE: www.adachitomomi.com  YouTubeリンク

畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター主任学芸員)

1996年の開館準備よりICCに携わり、ヴィデオ・アート、

サウンド・アートを主な研究領域とする。

WEBSITE: Summer’s Cauldron    Tokyo Art Research Lab

三輪眞弘(作曲家、メディアアーティスト)

音楽の概念を根本から問い直す作業を通じて新しい音楽の可能性を探求する試みを、最先端のメディアを駆使して重ねてきた。平成22年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

WEBSITE: Miwa’s first Home Page @iamas

川崎弘二(電子音楽研究家)

1994年に大阪歯科大学大学院を修了。博士(歯学)。

2006年に「日本の電子音楽」(愛育社)を、2009年に同書の増補改訂版を上梓。

WEBSITE: KAWASAKI koji

内容/スケジュール

開催場所

担当講師

DJ ぷりぷり(浅草橋天才算数塾代表・イベントオーガナイザー)

浅草橋天才算数塾代表。現在音楽イベント企画、展覧会の企画などを中心に活動。最近ではCD制作の他、展示企画でのカタログ{画集}を定期的に制作。

WEBSITE: 浅草橋天才算数塾 浅草橋天才算数塾NEWS速報

終了いたしました。

講義プログラムsyllabus_2014.html